2017年11月10日

遊佐の花嫁道中

三共工事株式会社の村上譲二です。

遊佐町で花嫁さんが荷背負(によしょい)を先頭に嫁ぎ先へいく模様です




生まれ育った家をでます



荷背負(にしょい)にどんぶりに酒をついで酔わせます。
酔ったいきおいで「嫁だ、嫁だ・・・」大声でさけびます






嫁ぎ先にこれから。みなさんいい笑顔です。


嫁ぎ先の遊佐につきました。親族が提灯を持ってでむかえます。


荷背負(にしょい)はかなり酔ってます。きしゃかごに入れてあるねぎや大根が落ちそうです。




荷背負(にしょい)が先頭に、迎えに来てくれたみなさんに酒をくみます。






なぜかみなさん大きい器で酒を。バケツもあります。


地元のみなさんにいろいろなものをふるまいます。


嫁ぎ先の家にあがる前にたらいに入った水で足を洗います(格好だけですが)
濡れた足を拭いてあげます。

みのがさに草鞋もかぶって、はいた真似もするそうですが。


遊佐のうまい井戸水を姑さんがのませます。そのあと神様にご挨拶です。





  

Posted by 三共工事株式会社 at 17:01Comments(0)遊佐町